企画 檀┃特許取得の鼻ガードマスク
 ー小さな私が あなたを守るー
歯科治療が嫌いな人、必見アイテム!
特許番号第6179061号

よくあるご質問

Q.どうやって使いますか?

A. ①治療用のイスに座ったら、歯科治療の前につけましょう。

②付け方は、中央の6つ折りの突起体を内側上部に来るように持ちます。

③中央の突起体を鼻尖(左右の鼻の中央)に当たるように合わせます。

④両端のゴムを耳に掛けます。

もう少し詳しく知りたい方は、どうぞお問い合わせください。

Q.鼻に水と風が当たるのが苦手な人以外は、効果はありますか?

A.歯医者さんは苦手だとおっしゃって使われている方や、

とにかく歯医者さんが怖いという方、

歯科治療のイスに座ると鼻呼吸しにくくなるという方にもお使いいただいています。

また、お使いの皆さまには好評をいただいております。

Q.鼻呼吸補助具の効果って何ですか?

A.治療中の水と風が鼻に当たらずに、自分の鼻呼吸が出来るので、安心して歯科治療が受けられます。

 

更に、感じ方に個人差はありますが、鼻呼吸補助具が歯科治療と自分を隔てる精神的な壁となり、それはまるで歯科治療が自分の体で行われていないように感じるとおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

一度使ってパニック発作がなかった場合など、治療前から今日も大丈夫(成功体験)と感じて余裕が持てて、先生やスタッフの優しい声掛けを冷静に聞くことができます。この鼻呼吸補助具は、持っているだけで安心できるお守りになります。

 

パッケージに『歯科恐怖症の方に』『歯科治療でパニック発作を起こした方に』と記載してあります。歯科医の先生にこのパッケージを見せれば、すぐに歯科恐怖症の患者だと認識されます。いわば歯科恐怖症の意思表示カードの役割です。

 

歯科医院の受付に置いてあれば、患者様は服薬でも麻酔でもない鼻のガードマスクを、気軽に試すことが出来ます。

例えばこの場で使わなくても、この医院は歯科恐怖症の患者の気持ちを理解してくれるのだとわかり、安心感を抱き前向きになれます

CONTACT

歯医者さんが怖い、鼻呼吸しにくい、歯医者で過呼吸になる、パニックになる,歯科治療に不安や恐怖を抱いている、歯科治療恐怖症・・・など感じている方にご提案です。
企画 檀は、「小さな私が あなたを守る」をコンセプトに、
特許取得の鼻のガードマスクで悩みを軽くするお手伝いをします!
歯科恐怖症の悩みの原因もそれぞれの方にお使いいただいており、大変好評です。
ぜひ対応策の一つとして、鼻ガードマスクをご検討を!
どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

企画 檀(まゆみ)

 

お気軽に

お問い合わせください。

 

(06)6840-2291

 

 


 

PAGE TOP